理学療法士のリハビリテーションにおける役割


リハビリテーションとは、直訳すると再び適した状態になることという意味ですが、 単純に機能回復訓練だけを指すものではありません。 人間らしく生きる権利を回復することや自分らしく生きることに重要となるもので、 そのために行われる全ての活動がリハビリテーションと言えるでしょう。 リハビリテーションは、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門職だけでなく、 医師や看護師、施設で介護に従事する者など、さまざまなスタッフが連携して行うべきものです。 「医学的リハビリテーション」は、主に病院などの医療機関で行われるもので、心身の機能や能力の回復がメインとなります。 一方、「職業的リハビリテーション」は、職業訓練校や障害者職業センターなどで就労を目的として行われるものです。 そのほか、養護学校や肢体不自由児施設などで行われる「教育的リハビリテーション」、 身体的、物理的、心理的バリアを取り除き社会復帰を目指す「社会的リハビリテーション」などもあります。 今日、急速な高齢化が進む社会で介護職の人材不足がいつも話題になっています。 介護とは、個人の障害や要介護の段階にもよりますが、全てをサポートするものではなく、 残された能力を最大限に引き出すことが重要なものです。 在宅介護や施設介護などで、寝たきり、頼りきりとならないように、 自分でできることは自分の力でやらせることを目的とした身体的リハビリテーションなどの重要性がさらに高まっており、 専門的な知識や技能を備えた人材の育成が喫緊の課題となっています。