連携が大切なリハビリテーション


リハビリテーションは、突然失ったり、 もともと備わっていなかったりする機能や能力の改善を目指すものとして捉えられることが多いものです。 それぞれに必要となるリハビリテーションの種類が異なったり、重複していたりするため、 複数の専門リハビリ職のサポートが必要となります。 理学療法士は、身体に障害がある方に対して、基本的な動作能力の回復を目指して、体操や運動などを行ったり、 電気刺激やマッサージなどの機器を使用した物理的手段を加えたりする者のことを指します。 一方、作業療法士は、身体だけでなく精神も含めて障害がある方に対して、主体的な生活が送れるように、 機能の回復や維持、開発などを促す作業活動を中心に用いて、治療や訓練などを行う者を指します。 言語聴覚士は、言語や聴覚に何らかの障害があることでその機能が低下し、人とのコミュニケーションに問題が生じる方、 摂食機能や嚥下機能に障害がある方に対して、機能や能力の回復、維持、向上を目的として訓練や指導を行う者を指します。 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は、その全てがリハビリテーションのなかに含まれるものであり、障害の重複によっては、 常に連携してチームで治療や訓練に当たることが求められるものです。