理学療法士になるには


リハビリテーションに携わる専門職のなかでも人気が高いものとして理学療法士があります。 理学療法士は、主に病院や診療所、高齢者福祉施設や障害児福祉施設などが主な活動の場所となります。 医師やケアマネージャーなど、それぞれの専門職と連携しながらチームで働くことが多く、 とてもやりがいのある仕事であると言われています。 超高齢化社会が訪れることは確実であり、予防リハビリや訪問リハビリなど、多岐に亘ってニーズがある職種と言えるでしょう。 最近では、体幹トレーニングが話題となっていますが、 同様にスポーツの分野でも理学療法を取り入れたコンディショニングなどのニーズも高まっており、新たな活躍の場も増えています。 理学療法士になるには、国家資格を取得する必要があります。 高等学校卒業後に、4年制大学や3年制短大、 3年制または4年制の専門学校などの養成機関で3年以上学ぶことで国家試験受験資格を取得することができます。 専門分野として、解剖学や生理学、運動学や臨床心理学、 リハビリテーション医学などの講義や実習を通して知識や技能を身に付けることが大切です。 障害や機能回復の程度は患者によってさまざまです。 理学療法士は、ひとりひとりに合ったベストのリハビリテーションのプランを立てなければならないため、 人をいたわる優しい心とともに向上心や判断力、応用力なども必要となります。